So-net無料ブログ作成
検索選択

高額転売問題思ふところ [社会問題]

 ここ数日の間、結構世間を賑わせている話題の一つがチケット高額転売問題。ジャニーズ、サザン、B’sなどなど国内アーチストたちが「チケット高額転売反対」の共同声明を発表したりしている。まぁ、金払ってまで行きたいアーチストがいない!みたいな声も上がる中、いろいろと考えてみた。

 そもそも高額というキーワードを横に置いてみて、転売についてはどうなのか、うーむ、単純にそれはアリか、、転売というより処分はアリってことなのかな。では高額転売を高額処分という風に置き換えてみたらどうなんだろう。まぁ、まぁ、半分アリなのかな。あくまで条件付き高額転売とした場合の話で、それには条件がくっついてくるのだと思う。仕方なく処分しなきゃいけなくなってしまった場合、あくまで事故に近いものというのか、計画が狂ってしまってどうしても行けなくなってしまったなどの緊急回避のための転売で、もちろん善意の考え方のもとに仕方なく、、な、場合って条件がくっついてくると思う。仕方なくという緊急措置であって、優遇措置ではない、つまり善意の考え方で、最初から転売を目的として「仕入れ」、転売という「販売」を商売としてウヒヒ!儲っちまったぜ!と考えることは間違ってますよということなのだと思う。

 売る人がいて買う人がいるということで商売というものが成り立っており、買う人が多くて売る人が少ないと値段が上がり、売る人が多くて買う人が少ないと値段が下がるというのは社会常識で、チケット販売の主催側は商売としてやっているわけだから当然価値を維持し価値を上げて利益を出し、税金を納めるという社会的な責任を負うわけなので、様々なテクニックを駆使し経費をかけて売り込み販売するもので、それを横目で見ながら様々な個人売買テクニックを駆使して転売するってどうよと思う。だって、自分が売り込んだアーチストでもなけりゃ公演を仕組んだわけでもない。それはダメでしょ、、と、普通常識のある人なら思いとどまるもので、最初、たまたま美味しい思いをしてしまい、それがクセになってしまいました、、みたいなことや、生活苦からついってことや、働きに出れないんでつい、、的なまだ、善意のもとに立って考察したらそんな感じなのでしょうか。生活苦や働きに出れないって話だと、違う話になってくるので今回は書くのを控えよう。

 そもそも高額転売は昔から有って、「ダフ行為」と分類されていて、たまにテレビの警察24時みたいな番組でダフ屋摘発みたいなので球場の前で刑事さんが張り込んで押さえるみたいな社会的にカッコ悪いイメージが有ってそれがインターネットで高額転売という少し名称を変えて取り押さえられて手錠をかけられるというカッコ悪いイメージを勝手に自分では見えないように封印してやっているように見えてしまう。ダフ行為って我々の世代ではなくて、戦後の食糧難の時代に食料配給券をヤミで売る行為をフダ売りのフダを逆にしてダフと呼ばれていてなぜ禁止されたかっていうと餓死する人が出る恐れがあることや、暴力団の資金源になるっていうので取り締まられたことに始まっている。そろそろ規制の見直しの時期にもあるのかもしれないね。

 さて、本題に戻して、そもそも論として、善意と悪意という大きな枠っていうのは日本の中では結構有って、その間にグレーゾーンがある。基本は善意のもとに成り立っていて、あなたはそれが良いことなのか歩いことなのか自分で考えてみてくださいね、という性善説で成り立っていて、それを超えて脱線しちゃうとペナルティが待っていますよということで、最初からウヒヒ!と目的を持っているっていうのは論外で、そりゃダメですよ。。と。。そして、次に販売側の仕組みにも多少問題は含んでいるのかもしれません。販売しちゃったらあとは知りませ~ん的なことが大半で、間違っていないけど、ユーザビリティの観点から考えると、救済措置も考えてくださいよ!ってことなんだと思う。旅行なんかの場合のキャンセル扱いみたいなもんで、何日前のキャンセルだといくらで引き取りますみたいなやつ。仕組みは旅行会社などは無理や煩雑ではないと思うので是非取り入れてほしいなと思う。

 もう一つの考え方は高額転売、、全然オッケーですよ!的な考え方。それには当然条件がついて、チケット取り扱いには届出制を徹底し、当然納税義務を課すってのでいくらで買っていくらで売ったという根拠を示さなきゃいけないので結構面倒。日本国籍を有し、届出をしていて、会計帳簿の4年間保管義務、購入者は購入証明を保管して申告時に提出、って、こりゃ自営業者じゃん!ってことで、免許制度や、事務手続きに関する天下り先を作り出してしまう温床に手を貸すことにつながりかねないので、勝手に提案&却下ということで、「ダメ、高額転売は絶対ダメ」って標語が出そうな感じで、買う側も何かしら考えてもらうっていうバランスを考えなきゃだめなのかな。

 ファン層の方々の言い分も痛いほどわかります。それにつけこんで悪さをする人が出てくるのも仕方ないのかも。だけど、それがとても格好ワルいことなんですよという風潮を作らなきゃだめなんでしょうね。取り締まっても雨後の筍のようにいくらでも出てくるのが世の常で、それを根本から断つには「買わない」ってのが一番の解決策だと思う。売る、買うの立場、取り締まる、取り締まられる側の立場、それぞれ、見事に意見は分かれると思うけど、もともとの日本人の持っている善意パワーを全開にしていくしかない!!今日もまとまりませんでした、許してちょんまげ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。