So-net無料ブログ作成
検索選択

マトリチャーナと日伊国交150周年とイタリア地震 [災害]

 ここ数日でイタリアのことを書こうとしていたところへこの地震のニュース。とても心配なことです。町の半分が瓦礫になってしまったような感じで現地からの写真が続々とネット上に投稿されています。また、海外メディアも現地入りしてニュースを伝えている。日本時間のお昼の時点で6人が死亡し、住民が建物の下敷きになっていると伝えている。米地質調査所(USGS)によるとイタリア中部のノルチャ南東10キロでマグニチュード6.2で震源深さは約10キロと比較的浅いところで発生したということ。首都ローマでも揺れを感じたとメディアは伝えています。震源地に近いアマトリーチェ当局者の話では「内外の道路が分断され、町の半分が消えてしまった」と語っていると伝えています。これ以上の犠牲者が出ないように祈るばかりです。

 この地震被害を受けたところはイタリア中部の首都ローマから北東約104kmに位置し細長いイタリアのほぼ真ん中の少し上側というイメージです。人口は約2600人で落ち着いたヨーロッパの街並みがあるところです。町の中央にあるメインのアスファルト舗装の道から外れると石畳の道が続き、その両側に石造りの落ち着いた古い家並みが並んでいるような街並みです。ユーラシアプレートの端っこから外れたところにあり、地震なんて気にしてるの?という印象がある。私が今住むOsakaでは人口が約886万人だから死亡率を単純比率で計算すると約23,000人が被災したことになる。こりゃ大災害ですな。早急な救助と復旧を願うところです。

 イタリアといえばほんのすこし前に日伊国交150周年の記念イベントが開催され、「1866年(慶応2年)に日本とイタリアが修好通商条約を結び、国交を開設してから、2016年は150周年を迎えます。この間、日伊両国の間においては、多くの人々が行き交い、あらゆる分野で良好な関係が築かれてきました。日伊国交150周年は、これまでの日伊関係の歩みを振り返るとともに、今日の交流を更に深め、将来の絆を更に太く強いものにするため重要な機会となります。多くの団体、多くの方々がこの周年事業に参加されることを期待いたします。」という発表があったばかりで、また、2016年7月6日・7日にはローマ中心部を流れるテベル川の中州にあるティベリーナ島で日本をもっと知ってもらおうと「日本の夏2016」を開催しており、今回の地震による被害には本当に心が痛みます。

 さて、アマトリーチェというと「アッマトリチャーナ」、そう、パスタソースのアマトリチャーナです。グアンチャーレとペコリーノとトマトのソース、グアンチャーレは、豚ほほ肉の塩漬け、パンチェッタが使われることも多くて、そこにペコリーノ・ロマーノという羊のチーズとトマトを用いたソースで、日本では、グアンチャーレでもなく、パンチェッタでもなく、ベーコンで代用し、ペコリーノではなくて、パルメザンチーズ、、そう、いわゆる喫茶店の「スパゲッティ」に見た目は近いかも。昔は「イタリアンください」とか「ナポリタンください」と注文してたなぁ。今や、スパゲッティっていうと「は?」って顔される。日本で食べるいわゆるトマトソースをベースの「パスタ」は味が少し酸味が多いというのか、味が薄いので無理に煮込んでソース濃度を上げている感じがする。まぁ、個人的な感覚なので、クレームはなしにしてね。少し前にトマトを変えてみた、なんでこれに今まで気づかなかったのかと自分で自分の頭をポカスカ殴ってやりたい衝動に駆られるくらい、イタリアトマトで作ると美味しいものができたって話。それで、イタリアの話を書こうと思ってたら地震が来てしまい、現在に至るというわけ。

 そもそもイタリア料理というのは日本独自のもので、イタリアにあるのはナポリ料理やミラノ料理など、地域の郷土料理だけで、イタリア全体で共通するものはないと言われていて、イタリア人は土地の味を大切にしていて、イタリア料理の特徴を尋ねても「よくわからない、ボローニャ料理だったらバターやチーズがたっぷり」と、お国自慢で答えるらしいのだとか。同じく郷土料理の多い日本人が、「和食」を全国共通と考えるのとは違います。ただ、両者の食に対する考え方は似ている所も多いみたいで細長い、国土を持つイタリアでは地中海からフランス、スイスまでだから仕方ないというか、羨ましい限りでもあるな。

 ま、何より、今回の被災から早く立ち直ってもらいたいと心から願い、今日のお話は終了。

追記:23:4現在で38名の死亡が確認されたみたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。