So-net無料ブログ作成
検索選択

高額転売問題思ふところ その2 [社会問題]

 この問題をその2ということで書こうと思った動機は、新たなニュースがどしどし出てきて、追記の意味合いも込めて書こうと思う。

 まず、ショックを受けたのは、一般の方のツイートでライブに行ったところ転売チケットを購入したとみられるアリーナ席に現れた観客が連れ出されてしまったというもの。これ、やりすぎなんじゃないのかと思ってしまったな。購入者はお金を払って購入した善意の第3者になると思うんで、連れ出されてしまうとそのチケットによって観ることが出来る権利を阻害されたことになっちゃうのではないのかと思うんだけど、どうなんだろ。今後、いろいろな対応が期待はされるんだけど、いわゆるデジタル的な対応で、顔認識や認識番号制にしていった場合、もし、運営側PCがハッキング等の影響で購入者情報データが壊れたり、書き換えられたりした場合、正規のお客さんも連れ出されてしまうのだろうかという危惧。瞬間的に何千人も何万人もの顧客データの操作でパニくるのは必至だと思うんだけど。。というより、すごく感じた違和感。なぜ、運営側が観覧させずに強制退去させたのかということで、思いませんか?オレ、お金払ってる側なんだけど、、、って感じ。なんかギスギスしている感じがする。

 ただ、チケットを購入するときの注意事項や、チケットの裏側とかに記載されている約款や免責事項によって判断は分かれてくると思うのだけれども。法的に判断した場合の話では、転売行為と転売目的についてはっきりと規約が存在し、これに従うことになる。転売行為そのものというより、転売目的でチケット購入した場合、それだけで主催者側に対する契約違反=違法という評価になり、転売禁止と定めがあるのであれば買った時は転売目的がなかったとして、転売する行為が契約違反となってしまう。

 主催者側に対する「契約違反」については、「営利目的や転売目的で購入する」という行為自体が契約違反となるので、金額の大小は関係なく、一般的には、購入した金額よりも安く売ろうと目論む人はいないので、「購入代金よりも売りに出した金額の方が高い」という状況が、「営利目的」 「転売目的」と判断されてしまうというものかもしれません。そして、チケットの裏側や、チケット規約を見ると、「不可抗力による興行中止の場合を除いて、チケットの払い戻しはいたしません」といった記載があるはずです。したがって、「都合が悪くなったので行けなくなった」からといって、チケットを払い戻してもらうということはできません。主催者側も返金に応 じる義務はないということになります、、というのが法律家の皆さんの見方だということですね。さらに、買った側に罪はあるのかということについてはダフ屋行為についても、契約違反と評価されるチケットの転売行為についても、買った側に対する罰則や責任を定めた法律はありません。したがって購入した側が罪に問われることはないといえそうですとのことなのですが、チケット規約において、「転売目的で購入されたチケットについては無効とします」等とされているケースも少なくないと思われ「転売ビジネス」を行っている人物から購入したチケットについては、「無効」=「チケットは買ったけど中に入れない」というのが法的な評価になることはありえるので、この辺りのグレーな部分が問題になっているのではないかと思われます。

 次にチケット高額転売防止を求める共同声明について。本当にアーチストやミュージシャンが主導で発表まで持って行ったのか?って疑問で、それぞれの代表がコメントを出しているのですが、一般社団法人 日本音楽制作者連盟 理事長 門池三則『すべてのアーティスト、スタッフは、一人でも多くの音楽ファンに最高のパフォーマンスを届けるために、日々努力を重ね、 活動しています。今日のチケット高額転売は、アーティストと音楽ファンとのこれまでの良好な関係を壊してしまう問題なのです。』  ん?半分理解とどのような理由で良好な関係を壊すのがわからない。
一般社団法人 日本音楽事業者協会 専務理事 中井秀範『本来、定価で手に入るはずのチケットが、一部の悪質な転売業者によって高額なものになり、しかもそれは新しいコンテンツの創作のためには全く活かされないのです。そのような状況を深く憂慮するとともに、根絶に向けての努力を続けたいと思います。』  むむ?転売業者によって高額になった利益分もコンテンツ創作の費用にしろって言ってるのか?
一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会 会長 中西健夫『コンサート数・動員数共に年々増加の一途であり、それはライブ活動がアーティストとファンにとっての重要度の高まりを示しています。そんな中で、単に金銭利益だけが目的である一部の転売ヤーのために、アーティストとファンがどれだけ多くの犠牲を払っているかを少しでも知っていただきたいです。』 金銭的犠牲を払っているのはファン側なんですが、、ということでwebサイトの中身も読んでみたのですが、トラブル例として
・詐欺
 →お金だけ騙し取られる(チケットが送られてこない)
 →偽造チケットが送られてくる
・入場できない
 →転売されたチケットが無効となる
 →正規のチケットエージェンシーより直接購入した本人しか入場できない
・公演中止・延期の場合の保証が無い
 →正規のチケット料金以上の高額な代金を支払ったにも関わらず、正規料金での返金
 →返金は転売者へされるケースがあり、取引後連絡が取れないケースがある
今後の具体的対策(例)
・会員登録の厳格化(多重登録の防止等)
・不正購入情報の協議会内情報共有(個人情報を除く)
・電子チケットの導入による本人確認の厳格化
・オフィシャル再販(リセール)サービスの順次導入
、、と考えておられるみたいで、早急に取り組んで欲しいところですね。

 そして、「実は海外でも同様にチケット転売問題が表面化している。それに対して様々なアーティストが遺憾の意を表明しており、ノエル・ギャラガーは「偽造チケットを 手にしているのと一緒」としながらも、チケットの転売が合法である限り「政府がカタをつけないかぎり、続いていくことになる」と語っている。という記事について調べてみようとゴソゴソと漁ってみたのだけれど「ノエル・ギャラガーがライヴ・チケットの価格が高騰している転売市場の問題について自身の意見を明らかにしている。」という見出しで、先日、エルトン・ジョンは、完売になった公演に行くためにファンが「法外な」値段を支払うぐらいだったら、「空席のほうがまだマシだ」と、この問題 への意見を述べている。「そんな値段を喜んで払うっていう事実は素晴らしいことだよ。でも、それだったら、お金を節約して、来なくてもいいと思ってる」このエルトン・ジョンの発言を受けて、ノエル・ギャラガーはBBCラジオ5に次のように語っている。「俺もエルトンと同意見だね。そんな差額なんて払うべきじゃないんだ。でも、みんなそうするわけだよね」「それに、そんなものは偽造チケットを手にしてるのと一緒だよ。ひでえことだよ」ノエル・ギャラガーは、チケットの転売が合法である限り、「続いていくことになる」と語っている。「政府が片をつけるべきだよ」コールドプレイやレディオヘッド、ブラーといったアーティストやワン・ダイレクションやエド・シーランのマネージャーは、転売市場の問題についての 共同書簡にサインしている。「チケットダフ屋やそのオンライン組織によって音楽やアート、スポーツのチケットで搾取と産業規模の悪用が増加している件につ いて」対抗するためにこの書簡は提出されている。「チケット・マーケットプレイスと呼ばれるものを通して、正規のチケット価格を搾取する人々によって多くのファンが法外な金額をとられています」政府も先月、音楽業界の人間から意見を求める通達を出しており、その通達によれば、2016年5月26日までに公式な見解をまとめるとしている。という記事しか見つけることはできませんでした。

 では、実際の業界人はどのような意見なんだろうとまたもやゴソゴソと漁ってみたら緊急対談と称してこの問題のと実情を読むことができました。音楽主義のwebサイト(ttp://www.ongakusyugi.net/special/20160500094f4b9ec)内容について私が意見することではないので書かないので、皆様の思ふところで判断してみてください。

 最後にやっぱり、社会的、道義的にチケット横流しのために買い占めて高く売るのはやめようよ。ということと主催者側もギスギスせずに救済措置考えてよ。行政側も、チケット買取業者&転売業者の何らかの規制を考えようよ。そして、高額転売は「カッコ悪い」って風潮を。今回はファンの皆様置いてけぼりな結論になってしまいましたすみません。そのくらい複雑に業界やしきたり、行政、アーチストの立場なんかが絡んでて難しいなぁと感じました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。