So-net無料ブログ作成
検索選択

山椒は小粒でピリリと辛い [雑記]

 『日本書紀』と『古事記』は最初の天皇を神日本磐余彦(かんやまといわれひこ)すなわち神武とする。『日本書紀』は、神武が橿原の宮で即位した年を辛酉(かのととり)紀元前660年のこととする。紀元前660年といえば縄文晩期(最近の炭素年代測定では弥生時代)とされる時代で、とても詳細な年次や、事件の内容が伝わるとは考えられない。しかし記紀が語る神武東征物語は、まったくの架空の物語であろうか。そして古事記の中で大和王朝の建国神話に神武東征神話という記述があり、その中に

厳々し 久米の子ら 粟畑の韮一本 その根元 その根芽つないで 根こそぎに 打ち負かさずにおくものか――
厳々し 久米の子ら 垣本に植えし山椒(はじかみ) その痛み 忘れまい 打ち負かさずにおくものか――
神風の 伊勢の海の 大石に 這い廻る 細螺(きさご)のよう 這い廻り 打ち負かさずにおくものか――

んー?「山椒その痛み忘れまい」ということで、「口にひひくだけでなく心にもひひく辛さ。」「山椒は小粒でもピリリと辛い」というお茶菓子をいただいたので食さなくては!ということで暑さの中、あえて熱い日本茶を淹れて、パクモグと。

 うーむ流石の山椒様。舌に来るあのピリピリとジワ〜んのジビレ感。そして上品な甘さの和三盆が追いかけてくる感じ。好きなお味な上品な大きさの餅です。極めてシンプルで餅の中には餡子などは入っておりません。茶会のお茶受け用の菓子でもあるらしく、お上品な方にいただいたものです。
京都の下京区に店舗があって、関西から関東までお店もあり、http://www.sentaro.co.jp/products/product_id24.htmlでも販売してらっしゃいますな。
あ、決してステマではございませんので悪しからず。
20160831mochi.jpg
私の場合、山椒、木の芽大好きな人で、マーボー豆腐なんてヒーヒー言いながら汗ダラダラ流しながら食べたい人で、おまけに和三盆糖の信者(笑 ということで今日は餅食いました(笑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。