So-net無料ブログ作成
検索選択
オリンピック ブログトップ

マリオ安倍登場でRIOからTOKYO [オリンピック]

 17日間の世界のスポーツの祭典、リオデジャネイロオリンピックが閉会した。閉会式を何気に眺めていたのだけれど、よくまぁ、ブラジル、リオデジャネイロという政治的、経済的に困難な状況の都市が開催から閉会までよくやったなという感想を持った。開催目には様々な社会問題が噂され、選手も観客もそれなりの覚悟で渡航したと思われる。しかし、一番心配されていたテロがなかっただけでも良かったと思う。閉会式の中で7年前にリオ五輪開催を発表してから絶対に成功させるぞと公言し、リオ五輪は人々の記憶に永遠に刻まれるだろういう、閉会の挨拶の原稿を持った手を思いっきり震わせながら挨拶をしていたリオ五輪大会組織委員長のカルロス・ヌズマン会長の閉会の挨拶に熱い気持ちを感じ、ICOのバッハ会長が、素晴らしい都市で、次世代のレガシー(遺産)を残したと締めくくった。それに大会の裏方のボランティアの皆さんへの感謝の気持ち、世界中から参加されていたことに今更ながら少し感動。考えたらそうだよね、、、

 次の東京五輪への引き継ぎに小池百合子新都知事が金の帯、鶴の刺繍の白い晴れやかな着物で登場したがあいにくの雨の中、ずぶ濡れで旗を受け取ってひと振り(フラッグハンドオーバーセレモニーというらしい)し、終了。え、、これだけなのね。ご挨拶はなし。これだけのために前知事の舛添さんは留まろうとしてたのかと、、まぁ、世界中が注目するセレモニーで会場(マラカナンスタジオ:メイン会場)だけでも20万人だからね、、目の前に20万人って、おしっこちびるね。。次にサプライズでもないが、安倍首相がマリオに扮して登場、これもスピーチなしで退場。引き継ぎ式って結構シンプル。

 リオからTOKYOへという個人的印象ではよく頑張ったブラジルさん、次は先進国のTOKYOに任せてね!という印象で、映されていた映像やARダンスパフォーマンスは色が違うというか、どこか、先進デジタルな香りのする映像だったと思った。もちろん個人的感想なので、間違っていたり、勘違いしていることはあると思うのだけれど、そこはお目こぼしで。椎名林檎がどこまで拘るのかは個人的な興味。。また、NHKさんも最後でいい味出してくれたみたいで、番組欄の閉会式、縦読みで「会いましょう東京で」と、もちろん意図的にやってくれたのかも。TOKYOアピールの中で君が代が流れ、「ARIGATO」「OBRIGADO」(感謝)という言葉が映し出された瞬間、あぁ、日本人っていいなと思った。

 大会の結果は皆さまの方が詳しいと思いますが、日本は金=12 銀=8 銅=21 合計41個のメダル獲得し、国別メダルランキングは6位。番外編としてはマラソンでカンボジア代表として走った猫ひろしが無事完走したり、金正恩のそっくりさんが観覧してたり、ボクシング選手が訴えられたり、日本水泳が強かったり、マラソンボロ負けしたり何だか、話題満載の五輪だったような気がする。4年に一度なので、前回のオリンピックの
ことを忘れてしまっているのでそう感じるのかもしれないけどね。

 続けてパラリンピックが始まるんだけど、これは極端に興味がある人とない人が分かれるのは少し悲しいとこですね。もっと強調するか、本体五輪の間にスケジュールを入れ込むとか無理なものなのかねぇ。。そうすりゃもっと認知度がUPすると思うのだけど、、運営スポンサーさんの税制優遇とかくっつけるとかすれば少しでも変わるんじゃないのかと、勝手に妄想。

 もう一つ忘れてはならないのが五輪終了後の施設や設備の再利用や運営、これは毎回静かに問題になる案件ですよね。なんていうのか、食い荒らされた利権の残骸というのか、五輪特需で建設を頂点にした各種業界利権、無責任な、人のことなんか知ったこっちゃないわ!という感じの税金の食い散らかし、そして再利用による外郭団体の天下り先確保の縮図が人知れず静かに始まるのです。外国のことは知らないけど、日本では大体がこう言う流れなんでしょうか。アメリカでは選手村建物を刑務所にして活用している例があるみたいな記事を読んだ記憶がある。日本では様々な規制枠の中で進んでいくので見えづらくなっている。いつも数年経って、人々が忘れた頃にそういうことが問題なって出てくるんだけど、その時は大体が直接自分の事ではないので知らんぷりだよね。なんとかなんないのかねぇ。

 次回のTOKYO五輪引き継ぎで椎名林檎が音楽監修してたんだけど、どんな関わりをするのか、少し興味。ま、単純にファンだし(笑
オリンピック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。