So-net無料ブログ作成
検索選択
社会問題 ブログトップ

イタリア地震被災者を風刺画でラザニアに例えた、、奴は誰だ!マジ許せん。 [社会問題]

今回はフランス好きなあなた、読まないでスルーして下さい。きっと気分を悪くさせてしまうから。

 私はフランスという国は決して嫌いな方ではなかった部類の人だったのです。いい意味で個人主義が王道な国で綺麗で歴史があって、ファッションの発信の場所で、シャネルの歴史なんてデザイン系の仕事をしている者にとっては刺激になったりして。。シャンゼリゼのなんとも言えないしっとりとした石組みの道や建物、エッフェルの羨望、南フランスのノスタルジーな田舎の風景と丘を覆い尽くす葡萄畑、、本当に好きな国の一つであり、リタイヤしたらコートダジュール、ニースやマルセイユをゆっくりと見て回りたいという欲求にかられる国でもある。でも、今回のことでフランス人の思考回路に欠点あるんじゃね?みたいに思ってしまった。もちろん全部の人がそうじゃないことはわかっている。わかっているだけに憤りがこみあげてしまう。

 2015年1月7日パリのシャルリー・エブド襲撃事件で12人が殺害された事件は記憶に新しいと思う。そして、瞬く間にフェイスブックで半透明のフランス国旗を写真にかけたりして追悼の意をみんなで表明したりしていた。で、幸せな我々日本人は本質も知らないままそれを継続していた。
それから「ん?」ってことがあった。
それは難民の子供が浜の波打ち際で水死してしまった写真が出回ると同時に風刺画を発表したんだな。
o-CHARLIE-HEBDO-570.jpg
トルコの海岸の波打ち際で見つかったシリアからの難民男児のアイランちゃんの写真から風刺画にしている。波打ち際に顔をふせて横たわっていたアイランちゃん。その姿を撮影した画像は、世界中の注目の的となった。赤いTシャツに半ズボンのアイランちゃんは、両親と兄と一緒にゴムボートに乗り、ギリシャに向けて出発したが、ボートが転覆し、命を落とした。母と兄も亡くなった。画像では顔の正面は見えなかったが、アイランちゃんは小さな体を通して、欧州に渡ろうとする難民たちの姿を生々しく伝えた。子供がある人もない人も、心を動かさずにはいられない光景だった。と。そしてすぐに風刺画が出た。「移民さん、ようこそ」という題名がつき、横たわる子供のイラストの左上に、「ゴールにとても近かったのに・・・」という文字が書かれている。その右隣に はマクドナルドの看板が描かれている。看板には、「子供たち二人のメニューを、一人分で」(買える)というプロモーションがある、と書かれている。これを見たときは本当に震えた。これは風刺を超えちゃってるよね。っていうか、風刺か?これ、そして、今回の風刺画、最新号で、イタリア中部を襲った大地震で建物の下敷きになった犠牲者らをイタリア料理にみたてた漫画を掲載し、伊国民の顰蹙を買っている。
48a76_1509_729ae696_20dc52a8.jpg
風刺画は「イタリア風の地震」と題し、負傷し血を流したり、やけどしたりした男女の絵をパスタ料理の「トマトソースのペンネ」「ペンネのグラタン」と形容。 がれきの層に挟まれ血を流す犠牲者を「ラザニア」と揶揄(やゆ)した。今回の地震の死者290人以上のうち、約230人をしめる伊中部アマトリーチェはパスタ料理で有名で、そこから連想したものとみられ、あまりに被災者の心情に配慮しない風刺に、被災地からも抗議の声が上がっている。ANSA通信によると、アマトリーチェのピロッツィ町長は「不愉快で、当惑させる風刺だ」と非難。「皮肉はいいが、災害と死を風刺することはできない」と本当に控えめなコメントで訴えた。在イタリア仏大使館はホームページで、表現するのは自由だとしつつ、問題の漫画は「明らかにフランスの立場ではない」とした。シャルリー・エブドはテロの後、「表現の自由」のシンボル的存在となった。だが、今回の風刺については、ネット上で「死者への冒瀆(ぼうとく)だ」「恥を知れ」などと批判されている。

 タブーを設けない風刺で連続テロの標的になった仏週刊新聞シャルリー・エブドは過去には発禁も受けていて、この左寄りの会社の歴史を読むと仕方ないんじゃないのと強く思ってしまう。そもそも12人が襲撃されて死んだテロは引き金を引いたのはイスラム過激派を挑発した風刺画を掲載したからで、ある意味自分たちが撒いた種でそれを正義と勘違いしているヤツらのせいじゃないのかと思う。確かにテロは許されるものじゃないけど、それに乗っかって挑発をした側にも問題があるんじゃないのかとも思う。幸せまっしぐらな日本人、もっと本質を見ようよ!と思ってしまったことで書きなぐってみました。気分を悪くさせたならばすみません。

高額転売問題思ふところ その2 [社会問題]

 この問題をその2ということで書こうと思った動機は、新たなニュースがどしどし出てきて、追記の意味合いも込めて書こうと思う。

 まず、ショックを受けたのは、一般の方のツイートでライブに行ったところ転売チケットを購入したとみられるアリーナ席に現れた観客が連れ出されてしまったというもの。これ、やりすぎなんじゃないのかと思ってしまったな。購入者はお金を払って購入した善意の第3者になると思うんで、連れ出されてしまうとそのチケットによって観ることが出来る権利を阻害されたことになっちゃうのではないのかと思うんだけど、どうなんだろ。今後、いろいろな対応が期待はされるんだけど、いわゆるデジタル的な対応で、顔認識や認識番号制にしていった場合、もし、運営側PCがハッキング等の影響で購入者情報データが壊れたり、書き換えられたりした場合、正規のお客さんも連れ出されてしまうのだろうかという危惧。瞬間的に何千人も何万人もの顧客データの操作でパニくるのは必至だと思うんだけど。。というより、すごく感じた違和感。なぜ、運営側が観覧させずに強制退去させたのかということで、思いませんか?オレ、お金払ってる側なんだけど、、、って感じ。なんかギスギスしている感じがする。

 ただ、チケットを購入するときの注意事項や、チケットの裏側とかに記載されている約款や免責事項によって判断は分かれてくると思うのだけれども。法的に判断した場合の話では、転売行為と転売目的についてはっきりと規約が存在し、これに従うことになる。転売行為そのものというより、転売目的でチケット購入した場合、それだけで主催者側に対する契約違反=違法という評価になり、転売禁止と定めがあるのであれば買った時は転売目的がなかったとして、転売する行為が契約違反となってしまう。

 主催者側に対する「契約違反」については、「営利目的や転売目的で購入する」という行為自体が契約違反となるので、金額の大小は関係なく、一般的には、購入した金額よりも安く売ろうと目論む人はいないので、「購入代金よりも売りに出した金額の方が高い」という状況が、「営利目的」 「転売目的」と判断されてしまうというものかもしれません。そして、チケットの裏側や、チケット規約を見ると、「不可抗力による興行中止の場合を除いて、チケットの払い戻しはいたしません」といった記載があるはずです。したがって、「都合が悪くなったので行けなくなった」からといって、チケットを払い戻してもらうということはできません。主催者側も返金に応 じる義務はないということになります、、というのが法律家の皆さんの見方だということですね。さらに、買った側に罪はあるのかということについてはダフ屋行為についても、契約違反と評価されるチケットの転売行為についても、買った側に対する罰則や責任を定めた法律はありません。したがって購入した側が罪に問われることはないといえそうですとのことなのですが、チケット規約において、「転売目的で購入されたチケットについては無効とします」等とされているケースも少なくないと思われ「転売ビジネス」を行っている人物から購入したチケットについては、「無効」=「チケットは買ったけど中に入れない」というのが法的な評価になることはありえるので、この辺りのグレーな部分が問題になっているのではないかと思われます。

 次にチケット高額転売防止を求める共同声明について。本当にアーチストやミュージシャンが主導で発表まで持って行ったのか?って疑問で、それぞれの代表がコメントを出しているのですが、一般社団法人 日本音楽制作者連盟 理事長 門池三則『すべてのアーティスト、スタッフは、一人でも多くの音楽ファンに最高のパフォーマンスを届けるために、日々努力を重ね、 活動しています。今日のチケット高額転売は、アーティストと音楽ファンとのこれまでの良好な関係を壊してしまう問題なのです。』  ん?半分理解とどのような理由で良好な関係を壊すのがわからない。
一般社団法人 日本音楽事業者協会 専務理事 中井秀範『本来、定価で手に入るはずのチケットが、一部の悪質な転売業者によって高額なものになり、しかもそれは新しいコンテンツの創作のためには全く活かされないのです。そのような状況を深く憂慮するとともに、根絶に向けての努力を続けたいと思います。』  むむ?転売業者によって高額になった利益分もコンテンツ創作の費用にしろって言ってるのか?
一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会 会長 中西健夫『コンサート数・動員数共に年々増加の一途であり、それはライブ活動がアーティストとファンにとっての重要度の高まりを示しています。そんな中で、単に金銭利益だけが目的である一部の転売ヤーのために、アーティストとファンがどれだけ多くの犠牲を払っているかを少しでも知っていただきたいです。』 金銭的犠牲を払っているのはファン側なんですが、、ということでwebサイトの中身も読んでみたのですが、トラブル例として
・詐欺
 →お金だけ騙し取られる(チケットが送られてこない)
 →偽造チケットが送られてくる
・入場できない
 →転売されたチケットが無効となる
 →正規のチケットエージェンシーより直接購入した本人しか入場できない
・公演中止・延期の場合の保証が無い
 →正規のチケット料金以上の高額な代金を支払ったにも関わらず、正規料金での返金
 →返金は転売者へされるケースがあり、取引後連絡が取れないケースがある
今後の具体的対策(例)
・会員登録の厳格化(多重登録の防止等)
・不正購入情報の協議会内情報共有(個人情報を除く)
・電子チケットの導入による本人確認の厳格化
・オフィシャル再販(リセール)サービスの順次導入
、、と考えておられるみたいで、早急に取り組んで欲しいところですね。

 そして、「実は海外でも同様にチケット転売問題が表面化している。それに対して様々なアーティストが遺憾の意を表明しており、ノエル・ギャラガーは「偽造チケットを 手にしているのと一緒」としながらも、チケットの転売が合法である限り「政府がカタをつけないかぎり、続いていくことになる」と語っている。という記事について調べてみようとゴソゴソと漁ってみたのだけれど「ノエル・ギャラガーがライヴ・チケットの価格が高騰している転売市場の問題について自身の意見を明らかにしている。」という見出しで、先日、エルトン・ジョンは、完売になった公演に行くためにファンが「法外な」値段を支払うぐらいだったら、「空席のほうがまだマシだ」と、この問題 への意見を述べている。「そんな値段を喜んで払うっていう事実は素晴らしいことだよ。でも、それだったら、お金を節約して、来なくてもいいと思ってる」このエルトン・ジョンの発言を受けて、ノエル・ギャラガーはBBCラジオ5に次のように語っている。「俺もエルトンと同意見だね。そんな差額なんて払うべきじゃないんだ。でも、みんなそうするわけだよね」「それに、そんなものは偽造チケットを手にしてるのと一緒だよ。ひでえことだよ」ノエル・ギャラガーは、チケットの転売が合法である限り、「続いていくことになる」と語っている。「政府が片をつけるべきだよ」コールドプレイやレディオヘッド、ブラーといったアーティストやワン・ダイレクションやエド・シーランのマネージャーは、転売市場の問題についての 共同書簡にサインしている。「チケットダフ屋やそのオンライン組織によって音楽やアート、スポーツのチケットで搾取と産業規模の悪用が増加している件につ いて」対抗するためにこの書簡は提出されている。「チケット・マーケットプレイスと呼ばれるものを通して、正規のチケット価格を搾取する人々によって多くのファンが法外な金額をとられています」政府も先月、音楽業界の人間から意見を求める通達を出しており、その通達によれば、2016年5月26日までに公式な見解をまとめるとしている。という記事しか見つけることはできませんでした。

 では、実際の業界人はどのような意見なんだろうとまたもやゴソゴソと漁ってみたら緊急対談と称してこの問題のと実情を読むことができました。音楽主義のwebサイト(ttp://www.ongakusyugi.net/special/20160500094f4b9ec)内容について私が意見することではないので書かないので、皆様の思ふところで判断してみてください。

 最後にやっぱり、社会的、道義的にチケット横流しのために買い占めて高く売るのはやめようよ。ということと主催者側もギスギスせずに救済措置考えてよ。行政側も、チケット買取業者&転売業者の何らかの規制を考えようよ。そして、高額転売は「カッコ悪い」って風潮を。今回はファンの皆様置いてけぼりな結論になってしまいましたすみません。そのくらい複雑に業界やしきたり、行政、アーチストの立場なんかが絡んでて難しいなぁと感じました。

世界の薬の40%を消費するらしい日本という国の話 [社会問題]

 世界の人口は約73億人。1分に137人 1日で20万人 1年で7千万人増えています。世界中で1年に6千万人が亡くなり1億3千万人が産まれます。そのうち飢餓人口は約10億人。世界の人口約73億人のうち、ざっくりと10億人がヨーロッパ、10億人がアメリカ方面に暮らし、10億人がアフリカ、40億人がアジアに暮らしている。人口が多い国は、「国土面積が広い(特に居住可能面積が広い)」、「医療福祉等が発達している先進国」、「人口爆発が起こっている発展途上国」のいずれかで、2050年には、世界の人口は90億人になる見込みで(世界の人口ランキング 1位.中国:13億5000万人 2位.インド:12億 3位.アメリカ:3億 10位:日本:1億3000万 190位:モナコ:3万5千人 ちなみに世界の人口は、73億4700万人:リアル)、その中でわずか1.6%の1億3千万人の日本人ですが、日経ビジネスによれば医療費がついに40兆円に達し、それに伴い調剤費も伸びてきていると問題なっている。日本の薬市場は約9兆円〜10兆円にのぼると見られ、世界の薬の約40%を消費しているとも言われ、日本で回収された“薬の利益”は、最終的には、海外の多国籍企業に流れていくので、、と問題視されてますね。

 また、日本の医薬品市場が10兆円を突破し、日本の癌利権は15兆円に膨れあがり、これは国防費の3倍で世界の癌産業は40兆円とも噂されています。今、アメリカでも、ヨーロッパでも、癌治療の主流が“西洋医学”では無くなり、“代替医療”を行うか、あるいは“治療しない”ことによって、癌患者の死亡率が低下しています。そうした中で日本だけは、世界の潮流に逆らって、癌の死亡率が上がっている矛盾があると言われ、これについてはもちろん平均寿命が延びていくと癌だけではなくて病気の発生件数は自然増するのは当たり前だと思いますが、テレビや新聞ではその辺りのことについてはなかなか詳しくわかりやすく書かないというのか、不安だけを煽る材料になってしまってるように思われる。

 厚生労働省によれば「抗がん剤が癌を直せないのは常識」「それは周知の事実でございます」「抗がん剤は大変な猛毒です」「抗がん剤で亡くなってしまう方が、もの凄く大勢いらっしゃるんですよね~」「抗がん剤は大変な発がん物質でございます」というような回答があるようなのだが、患者側にしてみれば崖から突き落とされ、藁をも掴もうとしているその手を引き離すような話なんだけど、まぁ、責任回避できるような無難な説明になるのでしょうな。また、癌の専門医、261人にアンケートを行ったら「現在の癌治療を受ける」と答えた医師は、261人中、たった1人…。医者が拒否する治療法を提供すること は、患者の利益になるのか?これは国の方針、政府の方針によって決められている。医者は自分が受けたくない医療法を、患者に提供しなければならない実情もあるみたいで、なんとも言えない気持ちになります。

 と、まぁ、人口がどんどん増えていて、日本では平均寿命が延び、自然増で病気の人の数が増え、医療費の額が増え、薬の額も増えてその利益が海外の企業へ流れてますぜ親分!って話なんだけど、私の力では全く何も解決しません(笑 ただ、健康に気をつけて病気にならないように予防するしかないのです。。人には寿命というものもあるわけですし、。いくら利権がどうだこうだとウダウダ言っても仕方ないので、逆にその利権や不正と思われるお金を思い切り受け取って、逆に国民の皆様のために使ってくれる議員さんが出てきてくれる方が嬉しいかもしれませんね。

 人口が増え続けると様々な問題が発生していくと思われ、森林の樹木の持つ働きは、光合成作用によって酸素を供給し、大気を浄化する事。世界の人口が70億になると、地球の酸素が欠乏状態になり、人間の生存が危ぶまれる、とさえいわれていて、森林のガス交換作用の一日量は、1ヘクタールで約44人分の呼吸量に相当するといわれている。技術が発達し効率が良くなったことにより、必要最低限の社会システムを維持するために必要な人材は減っている一方で、世界の人口は増え続けている。つまり、世界を回すために必要な人の割合は減っていく。オールドパラダイム的な考え方だと、自分が生きる価値は見いだせなくなってきている。世界の人口を5億人にする必要があるとビルゲイツも言ったとか言ってないとか。

 日本はほんとに恵まれています。 水道水の普及率は97%でミネラルウォーターもスーパーやコンビニで どこでも買える。 しかし、同じこの時代に安全な飲み水すら飲めない人達は全世界で7億8000万人もいるのです。これは全世界の人口の11%にもなるのです。後進国へ仕事で訪れた時に水が飲めないと軽く死ぬ恐怖を味わいます。世界の薬を売ってる企業の社長さん、これだけでも解決できませんでしょうかね。お願いしますよ〜。

高額転売問題思ふところ [社会問題]

 ここ数日の間、結構世間を賑わせている話題の一つがチケット高額転売問題。ジャニーズ、サザン、B’sなどなど国内アーチストたちが「チケット高額転売反対」の共同声明を発表したりしている。まぁ、金払ってまで行きたいアーチストがいない!みたいな声も上がる中、いろいろと考えてみた。

 そもそも高額というキーワードを横に置いてみて、転売についてはどうなのか、うーむ、単純にそれはアリか、、転売というより処分はアリってことなのかな。では高額転売を高額処分という風に置き換えてみたらどうなんだろう。まぁ、まぁ、半分アリなのかな。あくまで条件付き高額転売とした場合の話で、それには条件がくっついてくるのだと思う。仕方なく処分しなきゃいけなくなってしまった場合、あくまで事故に近いものというのか、計画が狂ってしまってどうしても行けなくなってしまったなどの緊急回避のための転売で、もちろん善意の考え方のもとに仕方なく、、な、場合って条件がくっついてくると思う。仕方なくという緊急措置であって、優遇措置ではない、つまり善意の考え方で、最初から転売を目的として「仕入れ」、転売という「販売」を商売としてウヒヒ!儲っちまったぜ!と考えることは間違ってますよということなのだと思う。

 売る人がいて買う人がいるということで商売というものが成り立っており、買う人が多くて売る人が少ないと値段が上がり、売る人が多くて買う人が少ないと値段が下がるというのは社会常識で、チケット販売の主催側は商売としてやっているわけだから当然価値を維持し価値を上げて利益を出し、税金を納めるという社会的な責任を負うわけなので、様々なテクニックを駆使し経費をかけて売り込み販売するもので、それを横目で見ながら様々な個人売買テクニックを駆使して転売するってどうよと思う。だって、自分が売り込んだアーチストでもなけりゃ公演を仕組んだわけでもない。それはダメでしょ、、と、普通常識のある人なら思いとどまるもので、最初、たまたま美味しい思いをしてしまい、それがクセになってしまいました、、みたいなことや、生活苦からついってことや、働きに出れないんでつい、、的なまだ、善意のもとに立って考察したらそんな感じなのでしょうか。生活苦や働きに出れないって話だと、違う話になってくるので今回は書くのを控えよう。

 そもそも高額転売は昔から有って、「ダフ行為」と分類されていて、たまにテレビの警察24時みたいな番組でダフ屋摘発みたいなので球場の前で刑事さんが張り込んで押さえるみたいな社会的にカッコ悪いイメージが有ってそれがインターネットで高額転売という少し名称を変えて取り押さえられて手錠をかけられるというカッコ悪いイメージを勝手に自分では見えないように封印してやっているように見えてしまう。ダフ行為って我々の世代ではなくて、戦後の食糧難の時代に食料配給券をヤミで売る行為をフダ売りのフダを逆にしてダフと呼ばれていてなぜ禁止されたかっていうと餓死する人が出る恐れがあることや、暴力団の資金源になるっていうので取り締まられたことに始まっている。そろそろ規制の見直しの時期にもあるのかもしれないね。

 さて、本題に戻して、そもそも論として、善意と悪意という大きな枠っていうのは日本の中では結構有って、その間にグレーゾーンがある。基本は善意のもとに成り立っていて、あなたはそれが良いことなのか歩いことなのか自分で考えてみてくださいね、という性善説で成り立っていて、それを超えて脱線しちゃうとペナルティが待っていますよということで、最初からウヒヒ!と目的を持っているっていうのは論外で、そりゃダメですよ。。と。。そして、次に販売側の仕組みにも多少問題は含んでいるのかもしれません。販売しちゃったらあとは知りませ~ん的なことが大半で、間違っていないけど、ユーザビリティの観点から考えると、救済措置も考えてくださいよ!ってことなんだと思う。旅行なんかの場合のキャンセル扱いみたいなもんで、何日前のキャンセルだといくらで引き取りますみたいなやつ。仕組みは旅行会社などは無理や煩雑ではないと思うので是非取り入れてほしいなと思う。

 もう一つの考え方は高額転売、、全然オッケーですよ!的な考え方。それには当然条件がついて、チケット取り扱いには届出制を徹底し、当然納税義務を課すってのでいくらで買っていくらで売ったという根拠を示さなきゃいけないので結構面倒。日本国籍を有し、届出をしていて、会計帳簿の4年間保管義務、購入者は購入証明を保管して申告時に提出、って、こりゃ自営業者じゃん!ってことで、免許制度や、事務手続きに関する天下り先を作り出してしまう温床に手を貸すことにつながりかねないので、勝手に提案&却下ということで、「ダメ、高額転売は絶対ダメ」って標語が出そうな感じで、買う側も何かしら考えてもらうっていうバランスを考えなきゃだめなのかな。

 ファン層の方々の言い分も痛いほどわかります。それにつけこんで悪さをする人が出てくるのも仕方ないのかも。だけど、それがとても格好ワルいことなんですよという風潮を作らなきゃだめなんでしょうね。取り締まっても雨後の筍のようにいくらでも出てくるのが世の常で、それを根本から断つには「買わない」ってのが一番の解決策だと思う。売る、買うの立場、取り締まる、取り締まられる側の立場、それぞれ、見事に意見は分かれると思うけど、もともとの日本人の持っている善意パワーを全開にしていくしかない!!今日もまとまりませんでした、許してちょんまげ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
社会問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。