So-net無料ブログ作成
検索選択
著作権 ブログトップ

著作権について思ふところ。 [著作権]

 著作権についてここ数日、かなり盛り上がっているように思う。いい意味じゃなくて、悪い意味も含めて。そもそも、著作権の枠組みを再認識してみよう。
著作権(ちょさくけん、英語: copyright、コピーライト)とは、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他的に支配する、財産的な権利である。 著作権は特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけられている、、とWikiで書いてある。では、著作権を扱う文化庁のガイドラインではどうなのかというと、
著作権法で保護の対象となる著作物であるためには,以下の事項をすべて満たすものである必要があります。(1)「思想又は感情」を表現したものであること→ 単なるデータが除かれます。(2)思想又は感情を「表現したもの」であること→ アイデア等が除かれます。
(3)思想又は感情を「創作的」に表現したものであること→ 他人の作品の単なる模倣が除かれます。(4)「文芸,学術,美術又は音楽の範囲」に属するものであること→ 工業製品等が除かれます。具体的には,小説,音楽,美術,映画,コンピュータプログラム等が,著作権法上,著作物の例示として挙げられています。その他,編集物で素材の選択又は配列によって創作性を有するものは,編集著作物として保護されます。新聞,雑誌,百科事典等がこれに該当します。と、はっきりと割とざっくりな感じで、後、著作者についてや、権利の発生や保護に関することやその内容、また、隣接権についても記述してあるので、詳しく知りたい方は文化庁のホームページでご自身の目で見て、読んで、理解してほしい。
 ここ数日問題になっているのはマンドリン演奏者でアーティストの石井敬三氏の話で、ご自身の作曲&演奏された楽曲がYoutubeより著作権を侵害しているという通知から始まって、レバノンのプロダクションに無断盗用されていたにもかかわらず先方から著作権侵害の申し立てを受けてしまったので逆に著作権侵害の申し立てをしたところ却下されてしまったというお話です。過去にCDリリースまでしているのにもかかわらずYoutube側より著作権侵害の通知を受けたことでJASRACはどうしているんだ!という声が上がっているわけなのです。で、話が横道に逸れていきそうな状態で、JASRAC問題が噴出し始めているといった感じで、JASRAC働けよ!と、JASRACって割と周期的に世間の話題に登るんだけど、なんかステマしてる?って感じに思えてしまう。小さなカラオケスナックに対して裁判起こして賠償金むしり取ったり、著作権を管理監視している組織ではなくて単なる料金回収代行業者に近いなと思ってしまう。このマンドリン奏者の石井さんの著作権事件は始まったばかりなので気にしておこう。進展があればまた書くことにする。
 さて、せっかく著作権のことを書くきっかけになったので、割と近いところでの著作権についてのお話しを書いてみよう。私の場合、写真を撮る人でもあるので、色々なところで写真を撮ったりするわけです。街中で撮っていると必ず警備員に声をかけられるのが建築物。「建物を撮らないでください。」変なイチャモンだといつも思うんだけど、意匠がくっついてるみたいで、上記、建築について著作権は認められているのだけど、それはわかります。真似た建物建てませんから。でも、意匠があるので、、と言われても、毎回納得がいかない。意匠については今度は経済産業省の管轄になって、意匠法に守られている。それは、意匠とは. 意匠制度. 意匠法第1条には、「この法律は、意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする」とあります。意匠は、物品のより美しい外観、使ってより使い心地のよい外観を探求するものです。と、、これが、私自身アタマが悪いのでいつも繋がらない。著作権で守られていて意匠権にも守られているので、建物の写真を撮らないでくださいと、言われて、シッシッと野良犬を追い払うごとく追い払われる。そこまで悪いことなのだろうか??その建物だけの写真をそれこそ高額転売、、違うw、高額販売したりするとでも、、まず売れませんし、そう考えないでしょう。で、いくら考えても納得できないので、こんなとこで写真撮ってたら通行している人や周りの人に迷惑になっちゃいけないからと納得させている。が、夜中はどうなんだ!というのはやめておこう。
 ここまできたらもう一つ書いておこうと思うのが著作権が生じないもので、権利が生じず保護の対象にならない製作物がある。それは典型的に全く創造性のない表現と情報やアイデア・ノウハウ。自然科学に関する論文、非常に独創的な思想や非常に貴重な場であり、そうした思想自体、情報自体。そりゃそうだろうな、、でも、アイデア、ノウハウって著作権が発生しないことに初めて気づいた。でも、これがノウハウ本とかになると著作物になっちゃうっていう変な枠組み。全く個人的に思うけど、アイデアってすごく貴重なものなんだけど何もどこも保護しないってのが、驚き桃の木山椒の木だな。まぁ、基準は理解できます。でも、アイデアって出すのにはすごくエネルギーを使い、経験から繋がっていったり技術から繋がっていったりする創造物の種でもあるんだけど、守ってもらえない。過去にアイデア盗まれて本当に悔しく思ったことが何回もある。でも、今日、あらためて著作権のことを書いてやっと溜飲が降りた感じがした。創造物できるまで誰にも言わないで種を育てようっと。
著作権 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。